» 未分類のブログ記事

6月16日(土)八戸地区社会福祉施設連絡協議会の

総会・講演会・交流会に参加してきました。

総会は2年連続で司会を担当。

ご案内の中で、講演会の時間を間違えてアナウンスしてしまい、

ごめんなさい・・・でした。

さて、今回の講演会は

湊病院精神科 石岡雅道医師から

『精神障害を知る。雇用する観点から』と

障害者就業・生活支援センターみなと工藤玲子センター長から

『障害者雇用について~共に働くを当たり前に~』

の2つでした。

石岡医師からはそれぞれの精神障害の症状や特徴、

経過や治療、疾患別のチェックポイントなどについて

わかりやすく教えていただきました。

また、工藤センター長からは今年度からの制度の変更点、

障害者雇用の流れ、雇用した際に受けられるサービスなど、

最新の情報について教えていただきました。

その後、意見交換会として、

障害者を雇用している高齢者施設の代表者から現状について、

障害者を就労させるための支援をしている施設代表として私から、

就労の現状、施設での対応、法人での取り組みなどを

発表させていただきました。

そして『就労した利用者が「やめたい」と言った場合、

どこまで頑張らせるのか?』などの質問をさせていただきました。

働き始めてからどのくらいたっているのか時期により対応が違うこと、

一旦はお休みをもらって、自分で考えさせること、

再就職の際に利用できるリワーク支援という制度があることなど、

ためになるアドバイスをたくさんいただきました。

 

このテーマについてはそれぞれの立場から

まだまだ意見交換したり、情報交換したりする必要がありそうです。

今後も様々な機会をとおして知識をつけ、

さらに理解を深めていきたいと思います。

 

 

 

ジョイフル利用者、これからジョイフルを利用しようと思っている方の家庭訪問をする機会がありました・・・

いずれも間もなく50代に突入する男性たちですが、現在は親御さんと二人暮らしで、親御さんは寝たきりや、認知症、体調不良等で介護の手が必要な状況です。それぞれケアマネさんがついているのでその時々の状態に合わせて対応して下さる安心感はありますが、24時間誰かが見守ってくれているわけではないので、二人きりの生活は第三者から見ると非常に危ういなと感じます。そんな綱渡りのような生活をしている人たちは少なくないのでしょうね。利用者さんは、何らかの障害を抱えながらも我が親のことなので、出来る限りのことをしようと一生懸命です。健気さに心を打たれます。ともすれば自分自身を犠牲にしているかもしれません。私は縁あって知り合ったこの方々の生活面の支援をしてあげたいと思っています。グループホームへ入居することで、確実に生活に潤いが加わると思えるのです。当法人では6か所目となるグループホームの開設に向けて動き出しています。タイミングよく入居出来ればと考えています。深い絆で結ばれた親子を分離することにはメリットばかりではなくリスクも伴うことでしょう。そのリスクを出来るだけ少なくし安心して移行出来るよう、ケアマネさんを含む関係者と連携して事を進めて行きたいと思っています。

営業のmです。

陽射しが急に強くなったような…!?

気温が目まぐるしく変わります、体調管理には万全を期しましょう!!

 

福祉の駅では、『烏骨鶏』の卵を販売しています。

小売業者で、この界隈ではお目にかかりません。ほとんどが通信販売です。

東京のデパ地下で見た記憶はありますが、いずれにしても希少で、高価な商品です。

(ちなみに2個で500円だったような…!?)

ビタミンAはうなぎの約10倍、ビタミンBは牛レバーの約1.8倍など、他の食材の良いとこ

取りをしたような感じで栄養素がいっぱいです。

烏骨鶏の卵に含まれる主な栄養素

ビタミンA:243,000IU(うなぎ:25,000)

  • ビタミンB2:5.46㎎(牛レバー:3㎎)
  • 鉄分:35.7㎎(ほうれん草:3.7㎎)
  • 亜鉛:107ppm(大豆:32.5ppm)

 

期待できる効果は、次の通りです。

期待できる効果

動脈硬化予防

  • 肝硬変、慢性肝炎、急性肝炎予防
  • 認知症予防、記憶力アップ、自律神経の強化
  • 血小板を増やし、血液をサラサラにする
  • コレステロールの正常化
  • 糖尿病予防
  • 腎臓病の予防、改善
  • 妊娠中毒の予防
  • 痔の改善と予防
  • 皮膚の健康と美容

 

烏骨鶏の卵に含まれる栄養素には、これだけの疾患を予防、改善できる効果が期待されています。

ほかにも烏骨鶏の卵には、カルシウムはもちろん、DHAやEPAも豊富に含まれています。

 

卵かけごはん?卵酢?烏骨鶏の美味しい食べ方

烏骨鶏は卵焼きなど調理して食べるのもおいしいですが、より烏骨鶏の味を味わいたいなら、

生で食べる卵かけごはんがお勧めです。烏骨鶏の風味や味がダイレクトに口の中に広がります。

美味しい上にさらに栄養を取り入れたいのなら、お勧めなのは酢卵です。

酢卵は滋養強壮にいいと言われていますが、秘密はその作り方にあります。

酢卵は、お酢の中に卵を殻のまま入れて長時間浸して作られます。殻はお酢によって溶かされ、

殻に含まれている栄養分も卵に吸収されるのです。

殻には炭酸カルシウムなどが含まれているのですが、溶かされる事で食べた時に体に吸収され

やすくなります。

 

昔読んだ本に、烏骨鶏の酢卵でがん細胞が消えたなんて言うのがあったことを思い出しました。

 

価格について・・・福祉の駅は1個当たり111円です!!

烏骨鶏の卵は、非常に高価なものです。

その価格を比較してみました。(インターネットによる調べ)

Mファーム20個3,800円送料1,050円   1個当たり242.5円

Mファーム30個5,700円送料1,050円   1個当たり225.0円

Sダイレクト楽天市場 25個送料込み3,570円 1個当たり142.8円

M店 12個 3,240円送料767円      1個当たり333.9円

F21  6個  2,700円送料無料        1個当たり450.0円

 

王侯貴族が大切にした秘鶏 (インターネットより引用)

★烏骨鶏(う こっけい)は古くより、美容/健康維持食とし重要視され”幻 の鶏”と賞賛されてきまし た。 中国では、1500 年も前から烏骨鶏(う こっけい)に 注目し、四千年の歴史の中で烏骨鶏(う こっけい)が大切な食材として 飼育し続けられ現在に至って います。

★肉・卵、共に、古くは王侯貴族や時の権力者のみ の間だけで食され、美容と健康維持に珍重されていたようです。今では日本でも烏骨 鶏(うこっけい)の需要が 少しずつ伸 び始めていますが、烏骨鶏(うこっ けい)は 年間の産卵数が非常に少ない上、繁殖力も弱く大量飼育生産も難しい為、高価で貴重な烏 骨鶏(う こっけい)と言われていま す。

★烏 骨鶏(う こっけい)は飼育数も少なく、烏骨鶏(うこっけい)商品はなかなか広く一般的には求められない物の一つになっていました。是非、大切な お体の健康維持にご利用下さい。

 

このように、『烏骨鶏』の卵については、様々な紹介をされていますが、栄養価が高い貴重な食材で、ふつうはなかなか手に入りません。

福祉の駅では、よそよりも安く提供していますので、是非お買い求めください。

皆さんはタオライアーって聞いたことありますか?
実はドイツ生まれのハープの様なステキな楽器なんです♪

先日の日曜日、南郷の市民の森にてライブが開かれました。

タオライアーはドイツの音楽家プラハトと、彫刻家ゲルトナーによって
心と体と魂を癒す「治療」を目的とした楽器として考案されたものです。
縁あって奏者の女性と知り合い、私も初めて知ったわけなんです。

タオライアーの演奏はシュタイナー教育の一環で、自然の中で
すくすくと農業実習や自給自足体験を通して感性を高めていく
教育だと言われています。また楽器自体が共鳴箱を持たないので、
身体や頭に当てて演奏することにより振動が体に伝わり、心地よい
癒しが得られるのだそうです。

おッ!皆さんも見覚えのあるお顔が体験なさってます。。。笑

ぜひ機会がありましたら、タオライアーに触れてみることをお勧め
します。きっと心からジワ~~って癒されますよ♪
もちろんスタッフのみんなも利用者さんにも体験してほしいものです。

 

動いてしまってぼやけましたが、弾ける笑顔のAさん。

この日はとても調子がよく、久しぶりに作業も嫌がらずに取り組めました。

福祉の駅に届け物をすると、ちょうど時間❗️福祉の駅の時計は正時になるとオルゴールが鳴り始めます。

このオルゴールがAさんは大好き💕

ちょうど鳴り始めたのを見てこの笑顔です。

調子が落ちていると福祉の駅まで行くこともできず、最近はなかなか時計のオルゴールに出会えなかったAさん。

よほど嬉しかったようです。

この様子を見ていた駅のスタッフも作業をしていた利用者さんも「すごーい笑ってる❗️」とビックリ。(なかなか見られませんからね…)

Jさんはもっと笑ってくれるかと、音が出るものをあれこれ用意して見せてくれました。(優しいなぁ)

笑顔はまわりに伝染するんですね。

いつも明るい笑顔がいっぱいの福祉の駅。Aさんもジョイフルでの活動を楽しめる日が増えていくといいなぁ。