» 2014 » 7月のブログ記事

最後まで

| 未分類 | | 1件のコメント

こんばんは。ジョイフルスタッフSです。

梅雨も明け

いよいよ夏本番になり暑さが厳しくなってきました。

暑さの影響で水・木利用しているTさんも

今週は「だるい」「眠い」と訴える事が多かったです。

それでも作業は比較的集中して取り組む事が出来ていたので

少しずつ成長してきているなぁと感じました。

話しは変わりますが

以前、Tさんを担当していたスタッフは

お茶を飲み終わった後の利用者さんのコップを

Tさんと一緒に洗っていたとの話を聞きました。

そこで、私もTさんと一緒にコップ洗いを行いました。

私が「Tさん、一緒にコップ洗わない?」と声を掛けると

毎回お決まりの「嫌だ。やらない」とTさんは答えました・・・。

しかし、私がコップを洗い始めると

「私が洗う」とTさんが言い、自分のコップと他利用者さんのコップを

きれいに洗ってくれました。

洗い流す際も泡が残っていないか確認をしながら丁寧に流していました。

何度かわざとコップを落とそうとする行為も見られましたが

棚に収納するまでの作業を最後まで行う事が出来ました!!

日々少しずつ成長しているTさん。

どのように成長していくのか楽しみです!(^^)!

毎度毎度題名が意味不明になってしまうスタッフNです。

さて!

ついこの間、利用者会議とエコクラブを担当しました。

利用者会議ではリフレッシュ旅行の反省をしました。

IMG_0100

思っている事をみんなの前で素直に話すのは言いづらいだろうと思い。また、文字を書くことも大事だと思った

私は簡単な質問を5~6個準備して資料を配付しました。

するとみんな書くは書くは…鉛筆を持った手が止まりませんでした。

……みんな素直に書いてくれて助かりました……

みんなの意見をまとめ次回のリフレッシュ旅行では更なる良い旅に出来ること間違いないです。

利用者会議後はエコクラブをしました。

内容は「ペットボトルを使って風鈴を作っちゃいましょう!」

という事で自分だけのオリジナル風鈴作りの様子をご覧下さい。

今回の風鈴作りで一番見て欲しいところは、風鈴にコラージュをした所です。

様々な色を使って華やかに仕上げました。

ちなみに、このペットボトルを使っての風鈴作りは少々難しかったです。

本番でみんながスムーズに作成出来るように、事前に手本を作ってみましたが

やはり悪戦苦闘でした。

でも利用者さんも悪戦苦闘しながらも、楽しみながら作成していたので良かったです★

生活介護メンバーも他利用者と一緒に作業に取り掛かりましたよ。

普段、この様な創作品作りにはどちらかと言えば消極的なAさんですが、いきなり

Aさん「へだくそだけど、おらも作って良いが!?」

……………!!?

「良いに決まってるじゃーん!!Aさん好きな色を選んで★」

とスタッフのアドバイスを貰いながら着々と作り始めました。

その光景を見て本当に嬉しくなりました

その様子がこちらです。

IMG_0128

隣で一緒に作業していたHさんとIさんに「その色ついた折り紙…貰っても良いが??」と自分から確認も取っていました。

良かったねAさん★

そしてそしてエコクラブには参加せず、出来れば駅での作業に取り組みたかったHさん。

最初は「おら風鈴作らなくて良いべ?作れねぇもん」と何度も話していたHさん。

スタッフからほぼ強引に?参加しようと何度も声を掛けました。

そんなHさん…ルンルンで取り組んでいるではありませんか★

とっても良い表情でした。また、自分の風鈴が完成すると「早く部屋さ飾りたいんだけど。」と。

夏模様で可愛らしく出来上がりました。良かったねHさん★

IMG_0133

 

その他のメンバーも一生懸命作りましたよ。

IMG_0110

 

時間いっぱい掛けて完成した、世界に一つだけのオリジナル風鈴の完成でーす!!

どうですか?このクオリティーの高さ★

attachment00

attachment01

 

どのコラージュも本当に素敵です★

みんなと楽しく作成できて良いエコクラブでした★

利用者さんってホントによく見ています。

例えば、美容院に行って来ると利用者さんはすぐ「髪切ってきた?」と気づいてくれます。

歯磨き粉のチューブの模様が変わったのも気づいて「変わったよね」と言ってくれます。

極めつけは、あくびをしているのを見られたり、こけたりしたのも必ず誰かが見ています。

何にも出来ないよーと思いつつも、何も言われないより、見られて幸せですよね。

今日は、何を言われるのかなと楽しみに(?)しながら出勤しています。

それこそ、美容院に行く暇がなく一ヶ月半そのままにしていたら、「いつ髪切るの?切った方が可愛いよ」と

言われました。いつ行こうか?

また来年

| 未分類 | | 1件のコメント

こんばんは

昨日娘が初めて寝返りをしました、ジョイフルSです の続きを読む »

現在、地元の進学校において「ラインによる無視・中傷で自殺?」

が起き、話題になっている。娘の親としては、人ごとでは無い。

 

リヴェールでは週末、作業室の利用者で食堂掃除を行っている。

Mさん「私が使っていた雑巾なのに、勝手にTさんが使った。」

Tさん「どこに名前についている?誰が使ってもいいじゃない。」

この言い方がきつかったらしく、Mさんは甲高く泣き始めた。

スタッフがTさんに、確かに名前は付いてはいないが

「先輩なのだから後輩にはやさしく、言い方も考えようよ。」

するとTさんは一瞬考え「ごめんなさい。」と謝罪した。

Mさんは謝罪の言葉を聞けクールダウンし、その後は

協力しあって掃除をすることができた。

「言葉」の選択、言い方、声の調子、相手が言われたらどう感じるか?

少なくともTさんは一瞬のうちに考えることができたと思う。

集団で過ごすには、気遣いや思いやりが不可欠だ。

「言葉」を発する前に、一呼吸おいてみよう。

己はどうか?常に想像力があるか?

来週は仲良く掃除できるよね。