» 2018 » 2月のブログ記事

先週末ははっちでの『きずなの広場』、ラピアでの『はちまるてtoて』、五戸での『坂の上のにじいろ上映会』とイベント販売がてんこ盛り❗️

通常の外販売もいつも通りでしたから、スタッフはもちろん、利用者さんもフル回転でした。

いつもはイベント販売に出ることが少ない利用者さんにも頑張ってもらいました。

はっちでの一日目。SさんとTさん。

控え目なSさんですが、元気に呼び込みをするTさんにつられるように頑張って声を出していました。

お休みなのにラピアでの販売に顔をだしてくれたFさん、Uさんの隣でニコニコしてたらFスタッフに邪魔されました(>_<)

何も言わなくても自然に手伝ってくれたのは、さすがです。

Kさーん、無表情ですよー。笑顔で販売ですよー❗️昼御飯食べて眠くなっちゃった?

 

他に、五戸町のイベントに行ってくれたSさん、前週の週末もイベントに出てくれて、さすがに疲れた表情でしたが、頑張りましたね🎵

一緒に五戸へ行ったHさんも「遅くなったけど頑張ったよ!」と自ら教えてくれました。雪も降って帰りが遅くなりましたが、無事戻って良かったよ🎵

寒い中でしたが、みなさんお疲れ様でした❗️

 

皆さんは、毎日ハンカチを持ち歩いていますか?
トイレに行った後、Tシャツの裾で、ズボンで手を拭いていませんか?
見られていないからって油断していませんか?
本部一階のトイレの中にある手洗い場には、ハンカチで手を拭くようにPOPが貼ってあります。
身だしなみとして当たり前のことですが、ペーパータオルやエアータオルの存在に慣れている方は、忘れたりする
かもしれませんが衛生面でも大事なことですので利用者さんもスタッフの皆さんもきちんと持ち歩きましょう。

そしてハンカチには、もう一つ使い道があるそうです。
それは、いつか、必要な誰かにそっと差し出すため。
つまり、自分ではない人のために、もう1枚ハンカチを持っておくということ。
ちょっとしたことへの心配りが出来る人になりたいものですね。

農業の変化

| 未分類 | | コメントはまだありません

春の日差しがうっすらと感じられるようになってきましたね。

インフルエンザも終息方向へとなってきました。

今リヴェールでは、苗作りを盛んに行っています。

キャベツの苗やネギの苗…等々、苗作りを始めると、もう少し先の春が待ち遠しくなってしまいます。

今農業が見直され、若い方で農業を始める方も多いようです。

また、農業と福祉…農家さんの人手不足を解消、利用者の工賃(作業)の確保、お互いが不足している部分をカバーしています。

このように農業が色々な形で発展を遂げているように思います。

リヴェールの農業はどのように変化していくのか?

少しずつですが、確実に変化していきます。お楽しみにです。

 

 

ありゃあ、わがんねぇ。眉間のシワが更に深くなり、神妙な顔。

服に汁が飛ぶかとハラハラしたとか。Tさん、カレーライスは大好きなのですが、お昼に食べたカレーうどんはお気にめさなかったようです。しまいには、カレーでなくて、あんこにしてくれればとまで。

お爺ちゃんは、カレーよりあんこだよねぇ〜!なんて言ったら、返す言葉がなかったようで、「お爺ちゃん…」と呟き苦笑いをするTさん。カレーが飛んで服が汚れる!そこまで美にこだわるか!!とつっこんだかどうかは想像におまかせします。

こんにちは、リヴェールスタッフMです。

今年度も一ヶ月余りとなりましたね。リヴェールでは新しいハックルベリーを含め、色んな野菜や加工品を作ってきました。少しでも売り上げが上がるように畑班みんなでラストスパートの最中です。

そんな中、次年度の準備もしなくてはいけません。まずはネギの苗作りがスタートしました。

温度や湿度、日照時間などで成長が変わるので管理は大変ですが、畑専門員と利用者と力を合わせ、秋には立派なネギが収穫出来るように頑張りたいと思います。