サブイーっ毎日、これによって変化するスター達。来た来た、ユートピアを辞め他の施設へ行きたいとGHを出たいとかそれはそれは熱心で市役所へ相談に出かけたり親に泣きついたりと哀れに思う人達は皆自分の味方のファン。悲劇のヒーローの演出は年毎に上達するのでスタッフ達のストーリーの解析が追いつかない。クライマックスの決め言葉は、「もう限界です」聞きなれた文句ではあるが人々はこれに震え上がるのです。今ある安定を、今ある幸せを本当に知っている者は関わりの深いスタッフ達だ。好きな様に思い通りにさせる事が本人の幸せであればそれは同情であって支援では無いあくまでプロとしての見識の仕事を全うしたいと思うのです。劇場はファンの同情クライマックスとヒーローの演出が覚めないと幕は閉じない。その後の戦いが理解と信頼を増すだろう。頑張ろうぜ!

 

 

コメント

No comments yet.

コメントする

コメントする場合 ログイン してください。