未知の世界

| 未分類 | | 2件のコメント

私の74歳になる母。数年前から物忘れが気になりだし、最近では、やる事がないからと横になって過ごしている事が増え。このままだとこの先不安だなと考え、家族で話し合いの末、介護申請をする事になりました。サービスを利用できるまでの前段階は、障害福祉サービスとほぼ似ているのですが、未知の世界。様々な機関に問い合わせたり、知人に相談し、最後に話を聞いた相談窓口の方に、丁寧に説明をしてもらい、母はもちろんのこと、家族が納得して、サービスを申請する事に。私も、計画相談で、新たにサービスを申請したいという方からの相談を受けることがります。今回の私のケースと一緒で、相談してきた方が納得ができよう、また、不安を取り除けるような説明ができるようになりたいものです。

コメント

介護される方より、介護している方がことばでは言い表せないほど
本当に大変ですね。介護申請することをためらい、家族なんだから
仕方ないとイライラを我慢しながら、在宅でがんばりすぎて
介護している方が倒れてしまうケースもよくあります。
自分も昔介護施設で仕事をしていたので、施設は本人の為にもありますが、ご家族の為にあることも実感しています。ここに預けられるから、自分たち
も安心して暮らすことができる。最初は施設に預けることを負い目に感じて
いたけれど、デイサービスや短期入所を利用して良かったと話す家族が大半です。
いつもはサービスを組む側のTARUさんが、受ける側の家族の立場になり、相談員としてどうあればよいか考えるきっかけにもなりますね。

介護サービスも多機能で、面白いです。
デイケアサービスとデイサービスでは、若干のサービスの違いはあれどもPTやOTがいて機能訓練をする所もあり、小規模多機能を謳う所では、そこしか利用できない制限があるも家族が不在で一人で待つ利用者宅内にヘルパー資格以上の職員が伺い、身体介護(更衣介助や洗面介助等)を行い施設にお連れし、利用者や家族の希望があれば1泊2泊とショートステイ(短期入所)が出来るとこもあります。
それぞれの事業所の良い所を調べたり、聞いたりしてお母様や家族に合うサービスを上手に利用してみてくださいね。
余談ですが、友人のお母様は通所日にはノリノリでお化粧をし、その日だけはシャキーンとしてイキイキと出掛けるそうですよ💛

コメントする

コメントする場合 ログイン してください。