当法人では5ヶ所のグループホームを運営しています。この4月に出された給付費単価見直しに伴い、概算ですが、な・な・なんと一月お一人約5,000円の減!総人数でいくと約170,000円の減額!!となってしまったのです。当たり前のことですが、各ホーム共単価が変わったからといって、入居者の生活にはなんら変化はありません。これまで同様のサービスを提供しているのですから。知的障がい者を対象にした八戸市第1号のグループホームを平成8年に開設して以来22年。現在入居者の年齢は18歳から67歳までと幅広く、40~60代の方が占める割合が高くなってきました。その分、生活習慣病へ配慮した食事の提供や、時と場合によっては介助の必要性も出てきました。支援は手厚くなっているのに単価が下がるとはなんということでしょう・・・経営的には残念なことではありますが、これまで以上にマザー(世話人)との連携を深め、入居者にとって居心地の良い『家』を提供し続けます。

コメント

No comments yet.

コメントする

コメントする場合 ログイン してください。