» 未分類のブログ記事

私には4才の娘がいます☺️

工作や絵を描くことが好きな私に似てか、いつも私が帰るまでの時間、何か作ったり描いたりして過ごしているようです。

この間、家に帰るなり玄関に走ってきて、

「ママ‼️お手紙はい、どうぞ♥️」

と手紙をくれました。開けてみると、似顔絵が描いてありましたが、以前は黒のペン1色で描かれていた絵に変化が⁉️

カラフルに色ペンを使って描いてありました。いつの間にこんな上手に⁉️

久々ほっこりした気分になり、ちょっと家庭をおろそかにしすぎな自分を反省しました😅

 

そんな仕事に夢中なぴちこですが、今日は手作りおもちゃを作って遊びました‼️

今日作ったのは、皿回し。

紙皿を2枚、ペットボトルの蓋を挟んでくっつけたものを紐で回します。

表面に自分の好きな模様を書いて、回すための紐を割り箸の先にテープでくっつける作業をしました。

2枚の皿をボンドでくっつけるために10分程じーっと押さえて座っていましたが、はやる気持ちを抑えて、座って待つこともできましたよ☺️

こーんな感じで完成🎵

自分で作ったおもちゃは格別‼️

今日は少ししか遊ぶ時間がなかったので、来週から、また新たに1つ増えたこのおもちゃでいっぱい遊びまーす☺️

 

ついに明日は法人全体の新年の集いが開催されます!

月日は早いものですね、、

新年もあっという間に過ぎ、気付けばもう1月17日なんですもんね。

さーて明日は利用者さんがおめかしをして参加される新年の集いがあります。

ステージ発表、開会の挨拶、司会などなど、利用者さんを中心に行なって進めていきます。

明日の為に小道具の準備をしたり、司会の練習をしたり、ステージ発表のダンスの練習をしたりとみんな頑張ってくれました^ ^

Fさん、Oさんの開会の挨拶、無事に言えるといいなぁ、、

明日はスタッフ全員で利用者さんをサポートし、終日盛り上がる新年の集いにしたいと思います!!

保護者の皆様、明日は楽しんでお帰りくださいね^ – ^

みんな頑張ってね!^ – ^

応援しています!

 


○食パン・ジャム
 オムレツ(卵・豚肉・玉葱・ピーマン・人参・椎茸・もやし)
 コンソメスープ(わかめ・小松菜・ネギ)
 デザート ヨーグルト


○キーマカレー(玉葱・人参・茄子・ピーマン・赤カブ・キャベツ・豚肉・トマト缶)・福神漬け
 目玉焼き
 もやし和え(コーン・京菜・人参)
 味噌汁(油揚げ・豆腐)
 デザート マフィン

オムレツは初の試みです。
具の量が予想より少なくなってしまいました。
次回は、具の量を増やしたいと思います。

キーマカレーは好評でした。
皆さんたくさん食べてくれました。
野菜が何品も入っているため、栄養満点です。
ご要望にお応えして、また作りたいと思います。

ここ1~2ヶ月グループホームに関する問い合わせや見学が多くなりました。春からの新生活に合わせ暮らしの場を探している方が多い様です。当法人としては、珍しいことですが、3月に八戸高等支援学校を卒業する男女合わせて3名にホーム入居の内定?を出しています。彼らはいずれも一般就労できる見込みなので、暮らしの場を早めに確保したいとのことで、10月には見学を済ませ、準備を着々と進めていました。今月各職場から内定を頂いたとのことで、いよいよ新生活に向かって胸をふくらませているといったところでしょう。その他にも今月は函館市からの問い合わせや、車いす利用者の見学も入っています。誰しも新しい生活には夢と希望を抱いていると思いますが、裏腹に不安も沢山抱えていることと思います。縁あってユートピアの会と繋がった方々には、スタッフ、マザー(世話人)一丸となって将来に希望が持てる支援を提供していきます。

自由は人間の尊厳として当たり前となりその自由が個々の主張をも自由とし責任の無い自由が社会を混乱させている様に見える。特に相手を批判攻撃する自由は自分が見えなくなりこれまで築き上げた信頼を失う事もある。自由を求めたベルリンの壁はさまざまな問題を引き起こしていますがこれを見ても自由とは怖いものだと思います。誰にでも保障される自由であるがこの使い方を間違えれば大変な事になる。自分を含め誰一人完璧な人間はいないむしろ欠点の方が多いかも知れない、その欠点の中から優れたものを拾い集め認とめ合う事の大切さが「多様性の尊重」と言う事ではないだろうか。マラソンは孤独なスポーツ自分しか居ない中で自分と闘う精神力はややもすれば他人を見失ってしまう危険性があると有森裕子氏は言う、だから相手を受け入れる柔軟性とその多様性の尊重がなければならいと障害者スポーツに取り組む姿は私達の教訓に思う。お金の支払いで揉める裁判で裁判長の口からお金を支払い出来る人が払うべきだ司法を超えた和解勧告に仰天した事があったが今思えば正義だけでは平和は築けない事が。子供の頃「銀の燭台」と言う本を読んだその印象が今蘇って再び語りかけている様だ。

アーカイブ

アクセスカウンタ