» 2015 » 4月のブログ記事

今月、まきばから市内某所へ引っ越したヤギさん親子のお話です。

先週、用事がてらヤギさんの引っ越し先に行ってみました。

親子とも大変元気で、遠目に見ても子ヤギさんがしっぽをピコピコ振って、リラックスしている様子が分かります。

他にも、先住?ヤギさんを一頭見かけました・・・お、新しい彼氏かなぁ?と思いながら、
遠くにもう一頭大きいヤギさんがいる???( ✧Д✧) キラーン

でも・・・姿が、ちょっと違うなぁと思って、近くに寄ってみたら白いポニーでした。(ノ≧ڡ≦)

皆でのんびり春の柔らかい草を食べて、生き生きしている空間がとても幸せそうでした。

 

 

幼児的万能感

| 未分類 | | 1件のコメント

先日参観日に行かせてもらい、初めてこのことばを聞きました。

幼児的万能感とは、自分が駄々をこねれば周囲が自分の欲求を叶えてくれると思うことなのだそうです。

よく、スーパーでお菓子を買うまで床に寝転んで買ってアピールする子がいますよね。最近は見ないか。

最近、成人になってもこの幼児的万能感から抜け出せない若者が増加しているそうで、

自分の失敗は他人のせいにし、自分には能力があるが、今はやらないだけ、やればできると考えているそう。

なんかどっかで聞いたことあると思って、ある精神障害の方の保護者の集まりに講師で行った時のこと

を思い出しました。

我が子は昼夜逆転、働きにも行く気はない。本人はやろうと思えばいつでもできると話しているとのこと。

親御さんは調子が崩れるのを恐れ本人に対して強くは言えない現状。

でも、私たちはそう万能ではありません。色々な経験の中で失敗したり、挫折したりしながら、

次はどうするべきか前に進む方法を考えます。

実は私子どもの時に入院していて、1年生は学校に行っていませんでした。

体育に初めて参加できたのは3年生からで、経験がないのと怖がりで未だに運動は大の苦手です。

それが私の特性でもあり、親はそういう私をそれでもいいと、かけっこがビリでもなんで速く走れない

のと責めることもありませんでした。

できないこともあるさ、でも寄り添ってくれる誰ががいてくれることが、また諦めずに頑張れる原動力

になっているのだと思います。

 

 

利用者方々の体調不良は季節によって変化がある。

寒い時期は1人が「手首が痛い。」と言うと「私も。」と腱鞘炎は伝染病か?と思ってしまうほど

感染していき?体調不良の訴えが続々。自覚症状があり、通院してくれるとまだ、安心。

最近は花粉アレルギーの訴えが多い・・。

「鼻水が止まらない。」「目が痒い。」と様々だがこれまた、自覚症状があって通院して診断を仰ぐ。アレ

ルギーテストを受けることで、利用者本人は納得し治療できる。

私の担当のMさんは数ヶ月前、外販売で顔面蒼白になり具合が悪くなった。その時は貧血かと思わ

れた。その後、作業において、いつもの元気が無く、ボーとしていることが多かった。

そして、頭痛も・・。これは1回調べたほうが良いと判断し、スタッフ同行で通院。

なんと血圧が160ー135で高血圧。医師から降圧剤が処方され、様子をみることになった。

毎朝、本人の血圧測定。降圧剤を処方されてから130台に安定しつつある。

何かあってからは大変。家族に代わって本人の健康をサポート。少しでも体調不良のリスクを減らした

い。

金曜日の朝、私にとって、とっても嬉しいことがありました。
私が担当している利用者のSさん。
約2ヶ月半の冬眠から目覚めたのです。
(実際は冬眠ではないですが・・・)
風邪を引き、休み始め、そこからずっと今まで・・・
しばらくは音沙汰も無い状態だったが、用事があり木曜日に連絡を入れると
「明日から行く」との事で送迎に行くことに・・・
内心また空振りかな!?と不安でいっぱいでしたが、
朝、玄関へ行くとそこにはSさんの姿が!!

本人と交わした会話はそれほど多くはないが、
「元気でした」
「仕事頑張ります」
などの言葉だけで私は十分でした。

これから再び、Sさんとの関係を築き上げていきたいと思います。

月曜日からもSさんの頑張る姿がリヴェールで見られますように!!

日本語って難しい?

| 未分類 | | 3件のコメント

私は別に外国人ではありません。あしからず・・・

高1の息子が「お母さん、死ぬほど唐揚げが食べたい!」と言ったため、久しぶりに思いっきり食べさせてやろうと思い、

スーパーで1,5㎏の鶏もも肉を買い、下味をつけて、次から次へと油で揚げて大きい皿に大盛り唐揚げのできあがり!!!

「ごはんだよ~!」

息子の喜ぶ顔を想像していた私・・・なのに大盛りの唐揚げを見た息子のひと言は、

「お母さん、頭大丈夫???この量どうしたの?」

「???だって死ぬほど唐揚げが食べたいって言ったからいっぱい作ったのに・・・」

 

そうなんです。死ぬほどたくさん食べたかったのではなく、今すぐにでも唐揚げが食べたかっただけだったんです。

日本語って難しいですね。

 

でもでも、1,5㎏の唐揚げは次の日の夕飯で食べつくされなくなりました。

「もう1か月ぐらい食べなくてもいいでしょ?」と聞きましたが、

「来週また作ってくれてもいいよ」とあっさり答えられ、

「お母さんがしばらく揚げ物を見たくないよ!」と・・・

 

みなさん日本語には気を付けましょう!!!

 

アーカイブ

アクセスカウンタ