計画相談で担当をしているSさんのお姉さんとの電話の話。実はお姉さん、大の永ちゃん好き。先週末の東京ドームのライブにも行ってきたとか。。。。今回のライブ、3万円払って見たのに、ライブの流れが悪く、不満足で、3万円分ないライブだったと話していました。おそらく、同日に沖縄で行われた某歌手のライブにスタッフが取られたんだと思うと。話しの流れでGHの2人も行っていたという話をしたところ、永ちゃんは、とても気づかいをしてくれて、障がい者席を設けているそうです。その他にも、入院中の患者さんがベッドのままライブに来た場合の席など、来場してくれた人に合わせての席を設けてくれているという話でした。かたや、沖縄で行われた某歌手のライブでは、入り口で障がい者手帳を見せたら、入場を断られ、障がいをもった方がライブを見ることができなかったという出来事があったようです。後日、その障がいの方々へはチケット代が返金になったそうですが。。。お金じゃないですよね~、しかもラストライブだったのに。身分証明の確認スタッフが障がい手帳が身分証明なるということを知らなかったのが原因だったようです。電話をした本題は、Sさんの合同面接会についての確認だったはずが、話が脱線し、1時間25分もの長電話。でもでも、GHの2人も知っているかもしれないのですが、次回のライブの参考に教えてあげたいと思います。

コメント

例のメンバー顔まで泳ちゃんになってグッズも何種類も買ってきたそうです。職場にお菓子のおみやげを押し売りしてました。
しかし、見えない所でのライブ運営の難しさを知りました。障害者差別と言う事でしょうか、イベントのその対応力に掛って来ると思いますが逆に障害者扱いされたくない人がいればそれも差別となるからそれぞれの立場で見かたが違うので問題となる訳でそこには自由と言う個人の権利が存在する為
エスカレートするとライブも障害者を拒否する権利騒動になるかも知れません。面倒な事はイヤだと言う潜在的な感情を押さえているから怖いですね
皆が各々の立場を理解し合い行動しなければ自由の先には紛争しか見えません。きっとあの二人もそう思っているでしょう。

コメントする

コメントする場合 ログイン してください。

アーカイブ

アクセスカウンタ