毎朝ヘルパー支援を行っているSさん。今朝、母から起きていないとの連絡が入り。時々起きていない時はあるのですが、今日はいつもと違う感じ。声をかけると寝床のドアを閉められ、布団をかぶり、起きたくないの一点張り。あまり声をかけても逆効果なので、時間を見ながら時々声かけてみたり、飼い猫ちゃんと遊んでみたりしても、起きる気配がなく、今日は一筋縄ではいかなそうな雰囲気。そうこうしている間に送迎車両が到着してしまいました。諸事情を説明。送迎の順番を後回しにしてくれるとのことでした。しばらくして、渋々起きてきましたが、そこからの準備は早い。あっという間に着替え、朝食、洗顔、歯磨きを済ませ、2度目の迎えの車両に無事乗り込む事が出来ました。朝方寒くなったり、外が明るくなるのが遅くなったりしてくると起きたくなくなる。。。気持ち分かります。自分の子供だったら、布団をはがして「起きて~、遅刻~!」なんてやれるのですが、さすがにSさんには出来ないですしね。

今回の件を改めて振り返ってみると、送迎車両へもっと早く連絡を入れていたら良かったのか?など様々浮かんできます。母やSさんが通う事業所のスタッフの方とこのような場合の対応を確認したいと思います。次回がないのが何よりなのですが。。。ね

コメント

Sさんじゃないけど、今朝は確かに寒かったです。
起きてしまえばやるしかないのだろうけど、起きるまではみんな同じですね。
他をまわってまた来てくれるとは、事業所さんも親切ですね。
やはり、利用者さんの乗車時間に変更があると、また遅れる連絡を他の方に
しなければならなかったりと、事業所も大変です。
これからますます冬になって雪が降ると、ただでさえ、時間に遅れが出る
時期にもなります。早めに起こせることができれば、何より。
我が子もこたつの中で服を温めてから、のらりくらりと着替えをしています。きっと利用者さんの親御さんも毎日大変でしょうね。

コメントする

コメントする場合 ログイン してください。

アーカイブ

アクセスカウンタ