計画相談で担当をしているSさん。最近は少し物忘れが増えてきた母親の事が心配で不安低な様子。大きな地震が来た場合、足の不自由な母親とどうやって避難をするか! が今一番の心配事の様子。大きな地震が来て、津波が来た場合は、2階に逃げていれば、助けが来るから安心してと声はかけているのですが、心配なものは心配。そんな中、災害者要支援者名簿というものの情報を聞きつけたSさん、民生委員の方へ自ら電話を入れたようです。名簿へ登録のための用紙を持参した民生委員が、母の状態を見て、即、地域の包括支援センターへ連絡を入れセンターの方が自宅へ訪問するという流れになったのですが。。。事を知った姉は激怒したのですが、結果、自宅にヘルパーさんが週2回入り、デイサービスの利用も今後検討していく事が決まったとのこと。Sさんの心配事も一つ解消されたようです。

Sさんの突拍子もない行動が良い結果につながったのですが、今回の件は、Sさんの利用をしている就労継続支援B型事業所のスタッフや私も一安心。これを機会にSさんも少し安定して過ごせるかな。

コメント

No comments yet.

コメントする

コメントする場合 ログイン してください。

アーカイブ

アクセスカウンタ