おばんです、ジョイフルSです

令和元年皆さまいかがお過ごしでしょうか…ってだいぶ遅いですね

 

さて、時事ネタを書くのは少し勇気がいるのですが

こればっかりは胸にずっとひっかかってどうにもならないので書かせていただきます

大津の事故の報道についてです

 

事故のニュースはどんなものでも嫌なものですが、

子供が関わると余計に…

自分も5歳と1歳の娘がおり

先日発表されたご遺族の手紙など、

感情移入し過ぎてしまい

正直なところ

関心の強さとは裏腹にニュースを見るのがとても辛くなります

 

被害にあわれた方、ご家族、保育園関係者、事故を起こした方

関わる全ての方がただただ悲しく辛い思いをされている事を思うと言葉になりません

 

また、

園児を亡くした保育園の方々の悲しみは想像に難くないものですが、

そんな中で園の責任を強く追及するような会見は

とても不快な気持ちになりました

 

もっとも

同じく人をあずかる職種の人間として、

仮にこういった事が起きてしまった場合には

落ち度が無かったにしても

あずかる側が責任を考えるのは当然の事です

保育園だって万全を期して散歩をしていたのに、

それでも悔やみきれない思いでいるでしょうに…

 

今回は報道する側に対する批判も数多く聞かれています

SNSでは保育士さんを擁護するコメントで溢れていました

 

事故の報道を受けて、

「自分の子は散歩に出さないでください」

と言った保護者もいるというのを聞きました

その感情は非難出来ませんが…

こういう事態になってしまった事がただただ悲しいです

 

日々の施設の中での安全管理、

なぁなぁになってしまっているところはないか

最大限の配慮をして、かつ間違った方向に向いていないか

自身も考える機会になりました

 

乱雑な文章になり申し訳ありません

 

亡くなった園児達のご冥福を心からお祈り申し上げます

 

コメント

紛争国では意志的な戦争で日常子供が犠牲になっており平和な日本では間違いによる事故です。この違いは大きく、特に報道力により個々の感情がヒートアップし世論が思わね方向に飛んで行く危険を感じます
失敗は成功の基とか人の振り見て我が振り直せとかそんなのん気事が通用しなくなる訳です。
私達は弱者支援の仕事ですここには適正なするマニュアルは無くその場その場の判断行動が必要となる訳ですが、そこにも間違いが潜んでいるのです。それを恐れ何もしない方がもっと非難が大きい事もあります。
今回の事故の様に普通の状態が災害となった場合保育士さんは避けられない状態でありこれを不可抗力と言いますがこの不可抗力が判断の的となり議論となっていて、そこにさまざまな感情論が加わっている状態と思われます。
私の持論は情報の氾濫は人類を滅ぼす”それは正悪だけに偏り民を搖動し洗脳し情報の責任を持たない愉快犯である事です。ですから正面情報の裏に真実を探り知識を高めたいものです。

コメントする

コメントする場合 ログイン してください。

アーカイブ

アクセスカウンタ