暑い、、、というよりは熱い日が続き、利用者さんの中には寝不足になる人もいて、体調管理が難しい日々です。

そんな中でも作業は頑張りますよ。

定休日、店内の入替え作業の一こま。

裸のマネキンに恐る恐る服を着せるRさんとNさん。

普段は女性マネキンには恥ずかしがって触ることがない男子達。

この日は作業指示の第一声。

「はい、マネキン脱がせて❗️新しいの着せますよ」

えっ⁉️という顔の男性陣でしたが、

「これは○○さん、こっちは△△さん、はい、脱がせて」

有無を言わさず指示を出すと、渋々作業にとりかかかります。

マネキンのタイプによっては、上半身のセパレート方法も違い、仕組みを考えながら、みんなで相談して協力しながら進めていました。

普段は女性がやっている作業なので、みんな新鮮だったようです。

この日からRさんは、マネキンの服が売れると、自分で服を選んで着せるようになりました。

 

こちらは磨き担当Sさんが

「こんなのあるけど」

と見せにきた大きな大きな急須❗️

Sさんの大きな手でも余していますね。

駅スタッフも驚いて、ついでにちょっとオチャメに、はいポーズ🎵

何人分のお茶を入れられるの?と言いながら、磨いたらどこに出そうか、ワイワイ。

最近、Sさんはスタッフが喜びそうな物を見つけると、楽しそうに持ってきてくれます。いつも仏頂面なのにこの笑顔❗️

次は福祉の駅の夕涼み会。みんなで準備を進めてお待ちしております🎵

コメント

No comments yet.

コメントする

コメントする場合 ログイン してください。

アーカイブ

アクセスカウンタ