6ヶ月に1度のノアのモニタリングを行いました。

会議の中では、私とS主任、Bスタッフの発言が多いのですが、

今回はノアのスタッフになって半年のNスタッフにも

何度も意見を求めてみました。

Nスタッフは男性目線だったり、

若い分、こどもに近い目線だったり、

私たちの見ていない送迎車両内での様子を知っていたり、

モニタリングの際には、参考になることがたくさんありました。

 

普段は体を使って思い切りこども達と遊んでくれたり、

体の大きなこどもを全身で受け止めたり、

今月は初めて『集団療育活動』の担当にも

チャレンジしていました。

甘えたいこどもを膝の上に乗せて

時には優しいおじいちゃんになり、

ダダをこねるこどもには、

目を見て諭すように話をするお父さんになり、

一緒に遊ぶときは

楽しく遊んでくれるイケメンのお兄さんになるんです。

 

もちろん身長も大きいのですが、

この半年でこども達にとって大きな存在になったNスタッフ。

様々な場面でのこども達への対応力も身につけ、

Nスタッフも大きく成長したと思います。

 

これからますますノアでの活躍が期待されます。

 

Nスタッフ、これからも一緒に頑張っていきましょうね!

頼りにしてますよ!!!

 

コメント

No comments yet.

コメントする

コメントする場合 ログイン してください。

アーカイブ

アクセスカウンタ