煎酒

| 未分類 | | コメントはまだありません

2週間前の○―プの共同購入のチラシに

気になる商品を発見しました。

それは『煎酒』です。

やっぱり『酒』かぁ・・・と思った方・・・

アルコールじゃないんですよ!

 

『煎酒』とは?

『醤油よりも万能で上品な調味料』で

室町時代から江戸時代はお醤油の代わりとして使われ、

お醤油の普及とともに一般的に使用されなくなった

幻の調味料なんです。

でも最近、見直されて愛用者が増えているとのこと。

元々の『煎酒』は、

純米酒に梅干しを入れて煮立てて、濾したものです。

今はそれにかつお節などで風味やうま味をプラスし、

さっぱりとしていて、お醤油よりも塩分控えめな調味料です。

 

梅干しの酸味と塩気、かつお節のうま味が

お刺身やサラダ、煮物や炒め物にぴったり!

ということで、

今回はお刺身とサラダが合体した

『ヒラメのカルパッチョ』に、オリーブオイルとブラックペッパー

をプラスしてかけていただいてみました。

 

お酢と違ってまろやかでほのかな酸味、

かつお節のうま味が味を引き立ててくれて、

ってもおいしくいただけました。

 

時々、我が家で飲み会を開くのですが、

次回飲む時の1品に加えたいと思います。

 

『煎酒』食べてみたい方は我が家の飲み会にぜひどうぞ!!!

 

 

コメント

No comments yet.

コメントする

コメントする場合 ログイン してください。

アーカイブ

アクセスカウンタ