新たな食品表示制度へ移行するにあたって、

いろいろ準備しなければならないものが出てきました。

その1つがシール式のラベルプリンターです。

今まではA4サイズの台紙にプリンターで印刷し、

1枚1枚利用者さんが切り取って商品に貼っていました。

ラベルプリンターがあると、

データを呼び出して、賞味期限などを入力するだけで、

簡単にラベルができて切り取る必要がなくなります。

冷蔵の必要な漬け物や味噌に貼っても

濡れたり剥がれたりしない素材のものもあり、

商品の見栄えもだいぶ良くなるのではないかと思います。

 

今後は厨房機器なども少しずつ新しくしていく予定です。

今ある設備は20年以上前のもので、

なおかつ利用者さんの定員が20名の時代のもの。

厨房での作業も効率よくできるようになるのではないか

と期待しています。

 

とはいえ消費税も上がり、物の値段も上がっています。

何を買うにしてもお金がかかりますね。

 

でも工賃アップのためには欠かせない設備投資です。

 

コメント

No comments yet.

コメントする

コメントする場合 ログイン してください。

アーカイブ

アクセスカウンタ