ふぅ…

| 未分類 | | 1件のコメント

今週からとても暑い日が続きますね…

毎朝めざましテレビを見ながら身支度をしていますが

「八戸30度。」「八戸29度」と天気予報を見るたんびに嫌気がさしてきますね…

そんな中、今「熱中症」がとても騒がれていますね。

とあるテレビを見ていると、年配の方(どこまでが年配さんなのか分かりませんが)

熱中症に気付かない!?というテレビ番組が入っていました。

今の年配の方は熱中症に気付かず、大変な目に合ってしまうそうです。

例えば「喉が渇かないから水分を摂らない」という方がいました。

その方も断然、熱中症に掛かっているとの事でした。

軽度の熱中症なら、水分を補給し涼しい場所に移動する。また、冷やす物があれば首周り、脇の下を冷やす。

という事が出来ますが、重度の熱中症は救急車で運ばれてしまう事態、また最悪の事態を招いてしまいます。

何が言いたいかというと、利用者さんの中でも殆ど水分補給をしない方もまれに居ます。

「喉が渇いていないから…」の理由で水分を摂らない方も実際にいます。

また、言葉では伝える事が出来ない利用者さんも居ます。

そんな利用者さんに気を配るのは我々支援スタッフだと思います。

まだ~まだ暑い時期が続きます。

熱中症にならないようにみなさんで気を付けましょうね。

 

 

コメント

本当にあなたの言う通りです。炎天下での外作業、多い時で一日5~6か所の現場がありやはりその熱中症が心配で現場を回り利用者達に暑くない大丈夫と声を掛けて回るのですが、皆、総じて大丈夫!と声を揃えて言うものだから余計心配になる。それは知的障害の一つの特徴として加減が判らないと言う事が上げられます。交通事故とか怖い人とかに対する危険回避本能は鋭いものがありますが自己の体の変調に非常に疎いと思います。しかも害敵のいない自然では直アンテナが働かず危険でありスタッフは大丈夫を信じてはいけないでしょう。

何事も「水飲んだか」?から・・ 飲んでませんの返答に 何で?と聞くと
水筒が空になったからと言う。じゃー飲んだんじゃないの?。 はい。

スタッフに聞くと皆ガブ飲みした為容器が空になり販売機から買って飲ませているとの事やはり加減のコントロールですネ。皆さん頑張って下さい、もう少しです。

コメントする

コメントする場合 ログイン してください。

アーカイブ

アクセスカウンタ